出産内祝い人気傾向 | リンベルカタログオリジナルカード手作りの木製アルバム 

あかちゃんの、お祝い事

地域によって、違うとは思いますが。

帯祝い

妊婦が妊娠5か月目の「戌の日」になると、下腹部に帯を巻く儀式が行われますよね。

これは、これから先の妊娠と、胎児の無事を願う儀式です。
多産で、お産も軽い、犬にあやかって、安産であるようにと祈願します。

儀式に用いる帯は、一般に「岩田帯」といいます。「斎肌帯(いはだおび)」か「結肌帯(ゆいはだおび)」が変化して、できた言葉だそうです。

また、妊婦が腹に帯を巻くことから、その儀式を「着帯式」と呼んでいます。

昔は、この帯祝いのために、紅白の絹の帯を二筋と、普段に使用するための、さらし木綿一筋を、妻の実家から送るのが習わしでした。
今では、地域の安産祈願で有名な神社から授かることになっています。

安産の神は「産神」と呼ばれ、地方によっては、それが山の神だったり、便所の神だったりしました。

通常、安産の神といえば「水天宮」が挙げられます。ここには、お宮参りも多く、岩田帯を、もらいに来る人が後を絶ちません。

 


お七夜

生後7日目の夜に、子供の健やかな成長を願って行う行事が「お七夜」です。

昔は、仲人、祖父母など一族が揃って、赤飯に尾頭付きの料理でお祝いをしました。
最近は、ごく親しい人を招いて、内祝いの形をとるほうが多いようです。 

赤ちゃんの名前は、法律では、生後2週間以内に決めることになっています。
通常、お七夜に「命名の義」が行われるしきたりがあります。

命名の義は、命名書をへその緒と共に神棚か床の間に供えたり、半紙に赤ちゃんの名前と生年月日を書いて、鴨居に貼りつけたりします。

また、この日は産婦の床上げの日とされ、「枕引き」「枕下げ」「巣立ち」とも呼ばれました。

 


お宮参り

その昔、子供の誕生は、将来、家の生活を支えてくれる新しい労働力の誕生を意味すると同時に、村落共同体の一員が増えるという、村の喜びの意味も持ち合わせていました。

地方によって異なりますが、生後男児30日、女児32日で「お宮参り」を行います。

お宮参りとは、親が生児を神社に連れて行き、将来の健康と幸福を祈願するものですが、これは、その村落共同体の一員に参加するための儀式が今日に残ったものなのです。

新生児は、土地の神である「産土神(うぶすながみ)」のところへ行って、その土地で生まれたことを報告し、お守りをもらい、身につけることによって氏子の仲間入りができました

本来、お宮参りは、出生地の氏神か、これから住むことになる土地の氏神へ参拝するのが正しいことになります。 

また、お宮参りは、産婦の忌み明けの儀式でもあります。

産婦の身体は、出産後ある一定の期間、汚れていると考えられていたそうです。
出産の安全を守護する「産神」以外の神からは、遠ざかっていなければなりませんでした。生後何十日かたってから宮参りをする理由は、ここにあります。

 

お食い初め

「お食い初め」は、赤ちゃんへ、生まれて初めてご飯を食べさせる儀式です。

その赤ん坊が、一生食べ物に苦労しないようにとの、願いが込められています。ちょうど離乳食の始まる生後100日目に行われることが多く、地方によっては生後110日目、120日目というところもあるようです。 

正式には、母方の実家から贈られた家紋入りの漆器の祝い膳を使い、茶碗、お椀、箸などはすべて新しいものが使われます。

現在では、プラスチック製のベビー用食器セットを新調し、そのまま離乳食用に用いる方が多くなっています。

 

初誕生

初めての誕生日を祝うことを「初誕生」といいます。

日本人には、何事も「初」を尊ぶという考え方があり、それを「先祝」といいました。

つまり、先に祝ってしまえば、将来は願ったとおりになるという考え方です。
初誕生は、別名「もち誕生」ともいわれ、「立ちもち」「力もち」といった、餅をついたり、餅を子供に背負わせる風習などがあります。

ここには、健康で力持ちの子に育って欲しいという、親の願いが込められています。
また、初誕生を前に歩く子供には、餅をぶつけて転ばせる地方もあります。 

餅は、日本人にとって昔から神聖なものとしてあがめられ、ある種の霊力が宿ると信じられてきました。

ですが、満一歳の誕生日に餅をつく風習は、都会ではあまり見られなくなっています。

変わりに1本のロウソクを立てたバースディケーキで祝う初誕生が登場しましたが、これも時代の流れなのでしょう。

リンベルカタログギフト
ご予算で選ぶ
タイプで選ぶ
お得な情報(アドバイス)
お祝いや記念品に。
その他
ママさんになるあなたへ
こんなときの知恵ぶくろ
得意先全国優良産婦人科さん

医院からの記念品等で、
お世話になっています。

岡山県倉敷市の赤松病院さん。
福山の幸の鳥レディースクリニックさん
ヒロハウスの協賛
他の商品